サイトマップ

文字のサイズ 小 中 大

  • ホーム
  • オレンジコープとは
  • 食の安全・安心について
  • オレンジコープの福祉サービス
  • 介護付き住宅みのり
  • おひさま
  • ゴールドライフ
  • 社会福祉法人「野のはな」
  • 介護・福祉サービスのご相談はこちら

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

エントリー

カテゴリ

アーカイブ

リンク

プロフィール

ブログを検索する

スポンサードリンク

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

オレンジコープの福祉サービス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.05.08 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

玉ネギの収穫体験をしました

 

4月25日(土)泉佐野市のカワノ農園に玉ネギの収穫体験に行きました。新型コロナウイルスの影響で直前のキャンセルがあり、参加者は大人3名、子ども2名、職員2名の7名でした。風が強かったものの、暖かくて天気が良く、畑日和でした。

 

 

川野さんの説明を受けてさっそく開始。収穫ばさみで根はギリギリまで、茎は少し残して切ります。根が残っていると空気中の水分を吸ってカビの原因になるから。茎を残すのは病原菌の侵入を防ぐためです。雨が多くて取り入れが1週間遅れたので、サイズが少し大きくなっていました。収穫のサインは、葉が倒れていることだそうです。子どもでも簡単に抜けました。刈り取って畝の間に置いたコンテナに入れていきます。1時間半で20個ほどになりました。

 

品種は早生種の七宝早生(しちほうわせ)です。他にも極早生(ごくわせ)から晩生(おくて)まで色々な品種が植えられていました。

 

 

 

新玉ネギと普通の玉ネギの違いも教えてもらいました。新玉ネギは乾燥させず、すぐに出荷します。旬は3月下旬から4月にかけて。日持ちはしませんが、みずみずしいので生食に向いています。普通のは乾燥させてからになります。一年中出回り、長期間の保存ができます。炒め物や煮物など毎日のメニューにかかせません。別々の種類だと思っていたので勉強になりました。今日収穫したものは乾燥させて選別。箱詰めして1週間ほどで納品します。

 

 

 

その後はバーベキュータイム。玉ネギも試食しました。生だと少しピリッとしますが、焼くと柔らかくなり甘くてとてもおいしかったです。

 

最後に、ビニールハウスを見学しました。一昨年の台風で全壊し、昨年の夏に再建されたものです。トマト、ピーマン、小松菜、チンゲン菜などが育てられていました。温度管理や自動水やり機能の装置も付いていました。しかし、使いこなすには、まだまだ時間がかかると笑っておられました。野菜は雨が多いと根腐れし、風の影響で傷がつきます。ハウスはそれらの被害から守ってくれます。

 

 

今年は暖冬で計画通りに収穫ができなかったようです。特に寒暖の差が激しいと、急に大きくなって大変だと話しておられました。

 

今回、一番感動したのは玉ネギの周りに雑草が生えて、土の中にミミズや虫がたくさんいたことです。除草剤や農薬を使用していない証拠。使えば作業は楽になりますが安全ではありません。

 

 

 

新型コロナウイルスで学校が休校になっています。川野さんのお子さんは、高2の長男、中3の次男、中1の長女、小1の次女の4人。休みの間は畑の手伝いをしてくれているそうです。「とても助かるが素直に喜べない」ともおっしゃっていました。

 

川野さんをはじめオレンジコープの生産者は皆さん頑張っています。わたしたち組合員が利用しなければ安心・安全な商品を守り続けることができません。たくさん利用してください。

 

 


| 1/1PAGES |


ページTOP
Copyright(C)The Consumer Co-operative Orange, All Rights Reserved.
個人情報の取り扱い